読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィラデルフィア日記

アメブロから引っ越してきました。もとのブログはこちら→ http://ameblo.jp/thomas-penfield/

Diary 2014 October 25. Saturday.

日記。2014年。10月25日。土曜日。

午前五時半起床。

眼が完全に醒めるまえにフット Jack Slater  の笑顔を夢見た。

彼が1980年前後に急死するまで、無二の親友だった。

● 彼の父は1905年前後にほぼ20歳でポーランドのベンディンを離れ、ハンブルグまで歩き、移民船に乗り紐育(NY).に来た。あの当時にポーランドでは稀で、珍重された印刷工だった。識字率が低かった当時のポーランド社会で印刷工は尊敬されていたし、知識階級のはしくれでもあった。1976年ごろにその父は90歳前後の高齢で亡くなったを覚えって居る。その父親の故郷ベンディンを1996年に僕はジャックの代わりに訪れえたことをアメブロの日記に書いた。

ベンディンにはユダヤ族が1万7千ばかり居たそうだが、1996年には3名しか残っていなかった。共同墓地は荒れるだけ荒れていた。

● 平和な土曜日だった。一日中読書した。