読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィラデルフィア日記

アメブロから引っ越してきました。もとのブログはこちら→ http://ameblo.jp/thomas-penfield/

Diary. 2014 October 27. Monday.

 

日記。2016年。10月27日。月曜日。

   十月も終わりに近づいた。

   今日は週例の買出し日。チャックと二人でジャイアントを訪れたあと、チャックは午後4時までお御堂奉仕へ。

静かな老後の月末日だった。

● 夕食にチャックが今日ジャイアントでたった8ドルで買った、ロースト・ビーフの箱詰めを空けて、二人で平らげた。すてきだった。  

FoodReview: Hormel Beef Roast with Au Jus - YouTube

www.youtube.com/watch?v=fos3ANRNIts
Mar 20, 2013 - Uploaded by MrEverything87n
http://mreverything87.blogspot.com/ This is a BUY. The meat was 

   

   この箱詰めはホーメル会社製で、この会社はミネソタ州ミネアポリス市の南、

オースチンという町にある。

   1948年の8月21日前後だった、故郷大連を1946年に脱出して、ソウルにつき、ほぼ完全に「日本化」し、朝鮮語さえ操れない僕は南朝鮮(韓国)で爪弾きされるまま、20ヶ月をすごした。

母は過酷過ぎるほどの借金をして僕をアメリカに放してくれた。

                                          

            当時の西北航空機。

     

   無国籍のまま僕はアメリカに向った。最初にたどり着いたアメリカ空港がミネアポリス空港だった。まだ小規模な東洋に連結した田舎空港だったが、散在する湖と公園に囲まれ、瀟洒な個人住宅が鏤められ天国のように思われた。ついたあと、次の紐育(NY).便を半日待たされるというわけで、西北空港はわざわざ付きっ切りの職員を特別に配置してくれ、楽しいミネアポリス見物をさせてくれた。

   チャックと上記のロースト・ビーフの箱をあけながらその当時をふっと思い出した。

   僕は親不孝な息子だったと思う。

   六十年後に、アメリカに引きとったにしろ、母は1995年にフィラデルフィアでひっそりと亡くなった。享年90歳だった。