読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィラデルフィア日記

アメブロから引っ越してきました。もとのブログはこちら→ http://ameblo.jp/thomas-penfield/

Diary 2014 November 27. Thursday.感謝祭。

日記。2014年。11月27日。感謝祭。

今日は11月最後の木曜日。感謝祭。

1949年の冬。着米二年後の冬、大学一年だった。見慣れないアメリカの冬、ヴァーモント州のプロクターズヴィル村の旧家出身の級友に招かれて感謝祭をその村で過ごした。全てが珍しかったし、七面鳥がなんだかも知らなかった。その村への道すがらこんこんと雪が降り積もり始めてたのを覚えている。

その四年前の1946年(昭和二十年)の冬ソ連軍占領下を脱出した時に別れたインゲマールの訃報を去る(2014年)8月29日に知った。死亡記事をこの日記に再録しておく。

彼とは当時東西に別れたままだ。

当時、米国が差し向けた日本船で引き揚げる日本人居留民たちに混じり、おそらくサセボだかの経由でストックホルムに帰ったのだろう。彼の父はスエーデン領事だった。

彼の訃報を今年知るとは思わなかった。

ユダヤ籍友人たちはイスラエルが差し向けた汽車で大連の北の国共戦闘線を越えて天津経由でイスラエルに避難できたと後日知った。

念のためその訃報記事を再録しておく。

Ingemar Dahlstrand, född 30 januari 1932 i Tokyo, Japan, är svensk datalog och datapionjär som bland annat ledde utvecklingen av den första svenska Algol-kompilatorn. Hans föräldrar var direktör Karl-Åke Dahlstrand och Karin Johansson.

Han studerade matematik, fysik och mekanik vid Uppsala universitet där han tog filosofisk ämbetsexamen 1955. Dahlstrand arbetade sedan först med Börje Langefors vid Saabsberäkningskontor i Linköping 1955-57. Därefter flyttade han till ADB-Institutet vid Chalmers i Göteborg där han var 1957-59. Dahlstrand utförde pionjärinsatser inom dataområdet när han ledde framtagandet av den första svenska kompilatorn för Algol 60 för den tidiga datorn Facit EDB vid Facit Electronics AB (Facit AB) i Göteborg 1959-64. Styrelseledamot i Svenska Samfundet för Informationsbehandling (SSI) sedan 1963.

Därefter blev han först systemchef vid Industridata AB i Göteborg 1964-66 och sedan distriktschef där 1966-68.」

● 今感謝祭午前2時半。今日の正午にジャイアンツ背後の印度食堂で感謝祭食事をチャックと二人でする。

          「海藻国門碧、多年異郷老。」